フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

車両(貨車)

2010年3月31日 (水)

所有車両(岩谷産業)

市販品とはちょっと違う所有車両を紹介します。

ここの所忙しく工作の時間が取れないので・・・

TOMIXのタキ25000を再塗装した後、デカールを貼っただけです。
赤い「井」のマークに特長があります。北海道で活躍していました。
テスリに白を差すと良いのですがね。
ウェザリング時に一緒に行うことにしましょう(先送りです)

Img_14291

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年3月 7日 (日)

チキで遊ぶ(その6) ロープを作ります

作って来た原木をチキに乗せます。
出来のいい原木を良く見える所に配置して、テープで止めます。

Img_12301

ロープとなる糸の端を台枠に瞬間接着剤で固定した後、適当にロープを廻していきます。
で完成ですが、原木は3段にした方が良かったですね。これではボリューム感がたりません。左右もアンバランスですね。機会があれば修正する事にしましょう。

標記などを塗りつぶしたので、標記のデカールを貼る時にでも・・・

Img_12311

ロープとなる糸は、手芸用の麻の糸を使いました。(タイヤー印麻ボタンつけ糸)
これを写真のように解すと、3本の柔らかい麻の紐ができます。染めてからボンドを付けて表面をシゴキ、ケバ立ちを押さえます。この糸は細くて色合いがいいので、いろいろと今後使えそうです。

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

Img_12291

2010年3月 6日 (土)

チキで遊ぶ(その5) バームクーヘンを作ります

さて、追加で用意したチキ7000ですが、もう一台は原木ではなく、コンクリート製の電柱を乗せようと考えています。ただし、コンクリート製の電柱というのが難問です。
ご存知のように、下部が太く、上部に向かって細くなる円錐状の形です。

これをどう作るか???

先ず準備したジグは、

Img_12241

竹ひごをが刺してありますが、手元を持ってクルクルと回す事が出来ます。
横のガイドの手前の方、竹ひごの間に隙間があります。ここがポイントです。
上部は隙間がありませんので、これで円推状になる訳です。
これにサーフェーサを掛けながらクルクルと回していきます。
バームクーヘンを作る要領です。

バテの硬さがポイントとなりますが、まだコツがつかめていません。
乾くとパテがやせてしまいますので、繰り返し行います。

Img_12251

一番上が3回目です、下の3本は1回目です。気長な作業ですがボチボチ
やっていきます。(1週間掛かりそうです・・・・)

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

チキで遊ぶ(その4)  2両目です

昨日と代わり映えのない写真で申し訳ないが、チキをいじっています。

2両目のチキは、床板を明るいグレー調にして見ました。こちらにはある物を乗せるつもりです。原木の方は、ロープ掛けなど明日細部を作ります。

Img_12071

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年3月 5日 (金)

チキで遊ぶ(その3) 原木作りの続き・・・

昨日作ったバルサ棒のティッシュ包みですが、表面が乾いてから(ボンドを薄めたものを垂らして固めました)、Pカッターで引っかくようにしてキズを付けました。同じ方向に引っかくのがコツです。これで、表皮がむけたように見せるためです。

その後、白、茶、グリーン、黄色をパレットに広げて、適当に混ぜながら着色しました。

結果は、

Img_12011

杉やヒノキの大木のつもりですが、コケ生した感じが表現できているでしょうか?
もう少し茶色を主張した方がリアルだったかもしれませんが、あまりやると松になりますし・・・
妻面(切断面は明るい色に塗るべきなのでこれは)修正します。

週末にでも量産して見ます。

今日はここまでです。

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年3月 4日 (木)

チキで遊ぶ(その2) 原木を求めて・・・

チキに乗せる物の代表として、原木を作る事にしましたが、意外と難しいですね。
丸棒を塗装して乗せたのではおもちゃのようで雰囲気が出ません。
という事で、庭で手頃な枝を調達して来ました。太さも適当ですし、曲がっている部分もあります。良さそうな所から切断して、塗装して見ました。(ざくろの木の枝です)
写真の中で上側がそうです。
もう1つは、バルサ板から作って見ました。5mm厚のバルサ板を適等な幅に切断し、荒めの紙ヤスリで包んで揉むと、角が取れて丸くなります。これに、ティッシュを周囲に貼り付けます。
明日に続きます・・・

Img_12001

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年3月 3日 (水)

チキで遊ぶ(その1)

ガラッとテーマを変えて、今度は、チキ7000をいじって見る事にしました。
今日は、簡単工作で、床の張替です。
といっても、木製シートを貼るだけの簡単工作です。
木目に沿って幅1.4mmの線をパソコンで印刷し、それを切出し、貼るだけの簡単工作ですが、本物の木ですからステインを塗るとその色合いはGooDです。

Img_11961

Img_11991

適当に油が染み込んだような出来になり気に入っています。
本当は、車体をつや消し黒に塗ってからやるべきでしたが・・・・

週末にでもやります。

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年2月 6日 (土)

冷蔵車を改造する(完成)

冷蔵車のウェザリングを行いました。UPすると雑な仕上げが目に付きます。

もう少し、黒色をきつくした方が良かったと思っています

ブレーキ踏み台への白色差し等まだ手を掛ける部分がありますが、先ずは完成とします。

拡大写真をHPの方にUPしましたので、ご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/railweb/

今後は、もう一台改造して屋根上のハッチを空けた貨車にする予定です。

Remu7

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年1月31日 (日)

私有冷蔵車

アメリカでは西海岸から東海岸地域への果物や、中部地域の肉などの輸送にリーファーが1960年代まで大活躍していました。これは、MEYER KORNBLUM社が所有する牛肉用の木製冷蔵車です。屋根に4箇所ハッチがありここから、氷と塩を入れて冷やしていました。リーファーはモデル的にも大変面白くいろんな種類があります。また、側面のロゴが派手で面白いです。この写真のリーファーはまだ控えめな方です。このように製品紹介をしたリーファーをビルボードカーとも呼び、他にもビール会社の貨車などいろいろありコレクションで楽しめますが、高価(このマイクロトレインの貨車で3300円)なので程ほどにしています。なお、ビルボードカーは禁止され1937年頃なくなりました。その後は輸送社名だけになりました。

Img_0928

日本では、冷蔵車に私有貨車はなかったのですが、もし、あったらという事で試作して見ました。「太陽水産輸送」です。昭和40年代をテーマとする当鉄道の貨物駅から、魚を発送しているという想定です。臨港線に接続というアイディアもあります。ロゴもそれとなくレトロな感じにしています。面白そうなので量産することにしました。

Img_0929

冷蔵車を中心としたモデルでは、地上設備も見落としできません。氷の積み込み施設や、車内の清浄設備など貨物駅に必要になりそうなストラクチャ類をいろいろと考えていますが、こういった時間が一番楽しいですね。

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2010年1月30日 (土)

冷蔵車を改造する(その6)

全てのパーツを取り付けました。解放テコを割りピンで取り付けるのに大変苦労しました。視力が落ちている上、ピンセットでうまく掴めずイライラの連続でした。時間を空けながら進めたので結局まる2日掛かったことになります。(ず~と工作していた訳ではありませんが・・)

ブレーキも市販されているものは走行中状態のため、停車状態にするため2個の部品を組み合わせて作りました。テスリは全体的に0.3mm真鍮線を使いましたが、まだ太いようです。やはり0.25mmを使うべきでした。屋根上のハッチにも取っ手をつけました。実車はハッチの両サイドにあるのですが、今回は模型のモールドに合せて工作の簡単な真ん中1個にしました。少々のゆがみは気にしなくていいですからストラクチャ作りの方が楽ですね。写真は歪んでいますが、これは接写によるものです。カプラーはTOMIXのダミーカプラーです

で、ここまで作って気がつきました。解放テコの位置が間違っています。修正しなくては。

後は塗装とウェザリングになります

Img_09161

Img_09171

Img_09191

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村