フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

« スイッチャの組み立て(No22) | トップページ | スイッチャの組み立て(No23) »

2012年5月10日 (木)

貨物駅モジュールの制作(その5)

今日は手前にさらに3枚目のボードを接続するための準備作業についてです。

下写真にある線路の右側から4本は、さらに延長していきます。
それで、ボードの接続部分をどのように処理しようかと考えた末

P1010438

写真のように、角棒を貼り付けて、接合部分を合わせる事にしました。
ただし、線路部分は切り込みをつけてあり

P1010439
2枚のボードをつないだ時に、ジョイナーでつなげる事が
できるようになっています。
ジョイナー1本分まるごと差し込めるように、1本目の枕木の
ツメは、カットしてあります。

P1010440

このような構造にしておくと、バラストを撒いた後でも接合部分が
「つらいち」になるので、接合面の精度を出すことができます。

この角棒部分は、後で踏み板などをつかい隠す事にします。

« スイッチャの組み立て(No22) | トップページ | スイッチャの組み立て(No23) »

モジュール(16番)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551044/54680093

この記事へのトラックバック一覧です: 貨物駅モジュールの制作(その5):

« スイッチャの組み立て(No22) | トップページ | スイッチャの組み立て(No23) »