フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

« 江戸東京たてもの園について | トップページ | 東京たてもの園(続き) »

2010年3月19日 (金)

稲を簡単に植える(別の方法です)

稲を植える簡単な方法です。

稲を植える装置の開発について紹介して来ましたが、別の方法も紹介しておきます。

18日の記事にコメントしましたが、摂津鉄道の坂本衛さんの方法です。
最初に読んだのが約35年前のレイアウトモデリングでした。むさぼるようにして読んだのを覚えています。影響を受けた方は多いのではないでしょうか?
※この方法は、私のアイディアではないので、引用先を礼儀として示しました。

坂本さんは、稲の切り株を表現されました。私は、これを応用して、成長した稲を表現
してみます。

用意するのは、角棒と糸です。
一般的な糸はより糸ですがこれは向きません。今回紹介するのは
刺繍糸です。これはスラットしていますので稲の表現にはピッタリです。
刺繍糸を使うのがミソです。
Img_13861

角棒を糸で縫い付けていきます。
角棒の高さが稲の長さになります。角棒の幅は、畝の幅という事になります。

Img_13881

この状態になるまで、約10分です。稲の並びを均等にするために、
ボード上に針を刺す位置をボールペンで印をつけています。
この状態になったら、裏側を接着材で固定します。

Img_13901

糸を真ん中(角棒の上)で切断して、角棒を取り除くと稲の並びができます。

ここまで、20分も掛かりませんでした。

トライして見てください。

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« 江戸東京たてもの園について | トップページ | 東京たてもの園(続き) »

小道具」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551044/47852680

この記事へのトラックバック一覧です: 稲を簡単に植える(別の方法です):

« 江戸東京たてもの園について | トップページ | 東京たてもの園(続き) »