フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

« 稲を植える | トップページ | 小麦サイロが届きました »

2010年3月22日 (月)

理想の稲ができました

昨日買ってきたナイロン糸を使って稲を植えて見ました。

糸の太さは0.1mm以下です。これを10本ほど束ねて、針の穴に通します。
私にはつらい作業でしたが、糸が硬いので難しくはありません。
これで、1針20本の稲を植える事ができます。密度を上げる場合、糸の本数を
増やすといいです。使った針は太さが0.9mmですが、15本ぐらい穴に通せそうです。
Img_14071

先ず、田んぼ(スチレンボード)に植え込み間隔の目印をつけます。(今回は2mm間隔)
結び目を瞬間接着剤を使って固定した後、縫い始めます。
田んぼにプラ板等硬いものを使う場合、予めドリルで穴を空けておくことになります

Img_14081

ガイドは、今回は2mm角棒を張り合わせたものです(これで高さ4mmになります)
縫い終わったら裏面を接着剤でしっかり固定します
Img_14111

ここからが今回のポイントです。

従来の方法だとガイド棒の真ん中をカットしていきます。それで両側が同じ高さになります。しかし、これでは、歯ブラシのように高さがそろった稲になるのでリアリティがありません。

そこで、斜めや側面など細かくカット方向と位置を変えてやると

Img_14121

どうですか?

稲のピン~とした形と高さが不揃いな状態がうまく表現できました。
上の写真は着色していますが、あとから自由に着色できるのもいいですね。
秋口ならば下は茶色にするのがいいと思います。
ひょっとしてこの上にターフを蒔くと稲穂が表現できるかもしれません。
これだけ植えるのに10分程度でした。

私が長年考えていた稲が出来て今はとても気分がいいです。

ジオラマ作りが見えてきました。
(まだ、他にも課題はありますが・・・)

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« 稲を植える | トップページ | 小麦サイロが届きました »

小道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551044/47874778

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の稲ができました:

« 稲を植える | トップページ | 小麦サイロが届きました »