フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

« アイスデッキ(その3) 塗装しました | トップページ | 小旅行に行ってきました »

2010年2月24日 (水)

アイスデッキ(その4)  事の起こりについて

貨車の場合、その積荷の発、着の関係を想像して見ると、レイアウト作りにおいて面白いアイディアが出てくるものです。

今回のアイスデッキは、冷蔵車の積荷である魚に関連する事に思いを巡らせてみました。幸い素晴らしい参考書があります。
「国鉄冷蔵車の歴史」渡辺一策著、「全盛期の国鉄貨車」高間恒雄著です。
これらを見ると冷蔵車の用途が詳しく説明してあります。で、肝心の氷ですが、北海道から乳製品の輸送にトラックで運び込んだ氷を屋根の上に引き上げている写真や、下から屋根まで氷を投げ上げている写真など、レイアウト上に再現したくなるシーンが掲載されています。
これをきっかけにいろいろと調べ始めたのですが、日本では輸送距離が比較的短い事と魚がメインであったためか、本格的には天井氷槽は利用されなかったようです。一方、アメリカでは、写真にあるように、長距離の輸送がメイン(西海岸から東海岸へのオレンジ輸送等)だったために、氷槽が盛んに利用されました。ここから、アイスデッキのアイディアを頂いた訳です。

戦後、進駐軍はこの冷蔵車を使って肉の輸送を盛んに行っていたようです。なので、日本にも小規模ながら(例えばヨコハマ辺りに)有っただろうと思っています。

今、このアイスデッキの横に作るストラクチャを検討中です。

写真出展 Industries along the tracks I (JEFF WILSON :KALMBACH books)

Img_10851 Img_10871

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« アイスデッキ(その3) 塗装しました | トップページ | 小旅行に行ってきました »

ストラクチャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551044/47655151

この記事へのトラックバック一覧です: アイスデッキ(その4)  事の起こりについて:

« アイスデッキ(その3) 塗装しました | トップページ | 小旅行に行ってきました »