フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参考になるブログリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ジオターゲット

« 詰所Aを作る(その1) | トップページ | 納屋を作る(その4) »

2010年1月16日 (土)

詰所Aを作る(その2)

羽目板の表現が今一つだったので、改めて筋彫りしました。既に筋彫り線が印刷済であったため意外に簡単でした。昔はこの罫書きに苦労していたのでこの方法は採用ですね。次に、罫書きが終わったSTウッドから窓とドア部分を切り抜き、透明プラ板で裏打ちしました。透明プラ板は硬く扱い憎いので窓部分だけにするかさらに工夫が必要です。

窓は、テトラテープ(画材店で購入幅0.5mm)を貼って表現しました。窓枠はヘギ板を張りました。作業は簡単なのですが細かいのと数があるため、これだけ作るのに約2時間掛かりました。窓の桟はもう少し細くしたく、以前のようにカラス口で書いた方がよさそうです。窓部分は別作りしてユニット構造ではめ込むような方法を考えたいと思います。

次に、プラ板から基礎(土台)を作ります。次回の工作とします

Img_08691

ブログ村ランキングに参加しています。記事が気に入ったらこちらのアイコンをクリックをお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« 詰所Aを作る(その1) | トップページ | 納屋を作る(その4) »

ストラクチャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551044/47306864

この記事へのトラックバック一覧です: 詰所Aを作る(その2):

« 詰所Aを作る(その1) | トップページ | 納屋を作る(その4) »